TOP > 記事を見る > 栄養管理とは > 【管理栄養士監修 動画】低カロリーデザート 豆乳ゼリー
  • 栄養管理とは

2017.06.30 / MWS日高 デイトレセンター

【管理栄養士監修 動画】低カロリーデザート 豆乳ゼリー

【管理栄養士監修 動画】

豆乳ゼリー  
 
【材料 4人分】  
粉ゼラチン…5g  
水…大さじ2  
無調整豆乳…200ml  
牛乳…100ml  
オリゴ糖シロップ…大さじ1  
メープルシロップ…小さじ1/3

【作り方】  
1.小さな耐熱容器に水を入れ、ゼラチンをふり入れる。  
混ぜて、レンジ(600W)で20秒加熱する。  
※溶け切らなければ、10秒ずつ加熱して様子を見ながら溶かす。  
2.ボウルに豆乳と牛乳を合わせ、オリゴのおかげを入れてよく溶かす。  
3.2に1を入れ、よく混ぜ合わせる。  
4.3を器に流し、冷蔵庫で冷やし固める。  
5.食べる直前にメープルシロップをかける。  
 
【栄養価 1人分】  
エネルギー:65kcal  
たんぱく質:3.9g  
脂質:2.1g  
炭水化物:8.4g  
食物繊維:0.1g  
塩分:0g  
カルシウム:39mg  
 
※オリゴ糖シロップ=オリゴのおかげ🄬を使用  
大さじ1杯21g、1人分5.25gとして計算

【ポイント】  
◆低栄養になっていませんか?おやつでもしっかり栄養補給!  
「体重がなんだか減ってきた」「風邪にかかりやすい」「体力が落ちてきた」…そんな方は要注意。低栄養が原因の場合があります。  
低栄養とは、エネルギーとたんぱく質が欠乏し、健康な体を維持するために必要な栄養素が足りない状態を言います。  
高齢者は特に低栄養に注意が必要。低栄養になると、筋肉量の低下や骨量の減少のほか、免疫力や体力・認知機能低下につながるリスクをはらんでいます。  
BMIが20以下になると低栄養の危険があります。定期的な体重測定をして「痩せ」に注意しましょう。  
そして、1日3回の食事に加えて、おやつ(間食)でもしっかりと栄養補給ができるといいですね。本メニューでは豆乳と牛乳からたんぱく質が3.9g摂れます。  
◆デイサービスでの調理実習  
おやつ作りは計量が重要です。職員が横について正確に行いましょう。計量カップに液体を少しずつ注いだり、計量スプーンでシロップを計ったり、細かな作業は手指のリハビリに効果的。また、注意力や判断力も必要となるので、高次機能障害のリハビリにも役立ちます。  
材料を混ぜ合わせるときは、泡だて器か木べらでゼラチンを完全に溶かします。力が入ると泡立ってしまうので、優しく攪拌して下さい。  
◆豆乳 Soy milk  
豆腐をつくる過程でできるおからを除いたあとの乳状の液体。健康飲料として、いろいろな種類のものがでています。  
「豆乳」は大豆固形分が8%以上のもの。「調整豆乳」は豆乳に植物油脂、砂糖、塩などの調味料を加え、調整したもので、大豆固形分が6%以上のもの。「豆乳飲料」は調整豆乳に果汁、野菜のしぼり汁、乳または乳製品、穀類の粉末などを加えたもの。大豆固形成分が4%以上のものなどをいいます。  
◆骨の健康にイソフラボン  
大豆製品の中のイソフラボンは、強い抗酸化作用をもち、コレステロール値上昇を抑えるポリフェノールの一種。女性ホルモン、エストロゲンと似た働きで更年期障害やがん予防、骨粗鬆症予防に役立つとされています。  
通常の食品に上乗せして特定保健用食品(トクホ)でとる量は、1日30mgが上限です。  
◆中性脂肪の対策にサポニン  
大豆サポニンもポリフェノールの一種。大豆に含まれるえぐみ、渋味成分です。水に溶けて石鹸の泡のような働きをします。血液中の余分なコレステロールや中性脂肪を適正に保つ効果が期待されています。  
◆血管の老化予防にビタミンE  
豆乳には、酸化を抑え、血管の老化や生活習慣病を予防するビタミンEも含まれます。また、ビタミンEには血液の流れをよくする働きもあります。  
◆ゼラチン Gelatin  
動物の骨、皮、すじなどに含まれるコラーゲンやエラスチンなどを熱処理し、変化させたものをいいます。板状と粉末状があり、一般に粉末状の方が扱いやすいです。  
寒天と比べて口どけがよいゼラチンは、弾力性と粘性が強く、やわらかくプルンとした食感が特徴。20℃以下で固まり、25℃くらいで型崩れするので、夏場は注意が必要です。  
生のパイナップルやキウイ、いちじくなどを加えると、たんぱく質を分解する酵素の働きにより、ゼリーが固まりにくくなります。一緒に使う場合にはフルーツの缶詰を使用するか、あらかじめ過熱しておきます。  
また、ゼラチンは体温で溶けるので、飲み込む前に溶けて誤嚥を招きやすいことがあります。誤嚥に注意が必要なかたは、口の中に含んでいる時間が長いと溶けてくるので、少しずつ食べるとよいでしょう。柔らかめより、固めに作ることも誤嚥予防のポイントです。


PREV NEXT
INDEX