TOP > 記事を見る > 筋トレ > 【介護予防運動指導員監修 動画】デイサービスで行える平行棒の体操(中級編)
  • 筋トレ

2017.05.16 / MWS日高 デイトレセンター

【介護予防運動指導員監修 動画】デイサービスで行える平行棒の体操(中級編)

デイサービスで行える平行棒の体操(中級編)

《立ってできる 平行棒体操 中級編》   
  
1、用意するもの… 平行棒 椅子(休憩用)   
・平行棒の長さの規定はありませんが、リハビリ用・介護用のものがお勧め   

alt here...

2、基本姿勢(初級編参考)   
・両手又は片手で平行棒を持つ   
・背筋をのばしまっすぐな姿勢を作り、足幅は少し開き両足に均等に体重を乗せる。   

alt here...

3、平行棒体操 中級編   
1膝上げ体操… 基本姿勢からまっすぐに膝を引き上げる。左右交互に10回   
膝は骨盤の高さまで上げ太ももを床と水平にする。姿勢注意!前傾になりやすい。   
段差を越えたり、歩行時に必要な筋力トレ。   
2足開き体操…身体の向きを変える。(平行棒に対し横向きの姿勢をとる)   
外側の足を外側へ開く。つま先・骨盤が外側に開かないよう気をつける。   
10回行い身体の向きを変え逆側も同じ回数実施する。

alt here...

4、運動のポイント   
今回の平行棒の体操は片足で立つことが多い体操です。バランス力の向上が体操の特徴です。膝に負担がかかる動きがあるので足を上げすぎず負荷を調整しましょう。   
参加者に合わせ初級編と組み合わせたり、休憩用の椅子を配置し無理なく体操を行いましょう。   


PREV NEXT
INDEX