TOP > 記事を見る > 有酸素運動 > 【デイサービス】楽しめる体操・平行棒ビクスパート3
  • 有酸素運動

2017.02.04 / MWS日高 デイトレセンンター

【デイサービス】楽しめる体操・平行棒ビクスパート3

平行棒ビクス3

【平行棒ビクス3】   
  
今回は平行棒ビクス3を紹介します。平行棒ビクス3はステップタッチです。   
平行棒ビクス12と大きく異なる点は、これまでの動きは、軸となる足に体重が乗ったまま重心は動かさずに足だけを伸ばしたり、引き上げたりしてきました。ステップタッチは身体ごと右へ移動し、その後身体ごと左へと移動していくステップとなります。   
  
まず静止した姿勢をとり背中を伸ばしましょう。両手若しくは片手で平行棒を軽く待ちます。   
右足を一歩右へ移動し足の裏をしっかりと着けます。その右足に左足を寄せます。   
ステップタッチのポイントは、足を引きずらないこと。そして進行方向へ身体が流れてしまわないこと。この2点に注意し繰り返し動いていきます。   
足幅を狭くし一歩の移動距離を短くすると運動強度は弱くなり、足幅を広くし一歩の移動を遠くすると運動強度は強くなります。手に力が入り平行棒に頼りすぎてしまうと足の動きに身体がついていかなくなりますので平行棒を軽く持つことがポイントになります。   
  
ステップタッチの動きに慣れた方は二歩続けて移動していきましょう。   
同じ歩幅で移動することがポイントです。着地の足が極端に外側へ開かないよう注意が必要です。   
足と身体が一緒に移動できるようにしましょう。   
  
応用編として、二歩続けて移動し、二歩戻りその場で四つのステップタッチを行います。   
二歩(右移動)二歩(左移動)一歩ずつ(左右) → 二歩(右移動)二歩(左移動)一歩ずつ(左右)というステップはエアロビクスでも基本となる本格的なステップになります。   
  
足を左右に動かす事は日常生活にあまり存在しない動きになりますので思った以上に難しいと感じます。時間をかけ安全に正確にステップタッチができるよう指導しましょう。   


PREV NEXT
INDEX