TOP > 記事を見る > 有酸素運動 > 【健康運動指導士監修】座ったまま出来るエアロビクスのような全身運動+プチ脳トレ
  • 有酸素運動

2019.12.15 / MWS日高デイトレセンター

【健康運動指導士監修】座ったまま出来るエアロビクスのような全身運動+プチ脳トレ

座ったまま出来るエアロビクスのような全身運動+プチ脳トレ

1手の動きを覚える    
8カウントに合わせて、手の動きを練習します。手は胸の位置からスタートします    
※初めは難しい場合は、1〜4を繰り返すだけでも十分な運動になります    
    
⇒ 1.右手を横に開く 2.左手を横に開く 3.右手を戻す 4.左手を戻す    
5.右手を上に伸ばす 6.右手を戻す 7.左手を上に伸ばす 8.左手を戻す    
    
    
2足の動きを覚える    
8カウントに合わせて、足の動きを練習します。イスは少し浅めに座ると動きやすいです    
    
⇒ 1.右足を横に開く 2.左足を横に開く 3.右足を戻す 4.左足を戻す    
5.右足を前に出してかかとタッチ 6.右足を戻す 7.左足を前に出してかかとタッチ 8.左足を戻す    
    
    
3手と足の動きを組み合わせる    
8カウントに合わせて【1の手の動き】と【2の足の動き】を同時に行っていきます!    
8カウントで1セット終わるごとに、次の1〜8は大きく腕を振りながら足踏みをしましょう!    
リズムに合わせて、全身を使って大きく楽しく動いていきましょう!    
    
※慣れてきたら、左右の動きを入れ替えてみる(例:右足を動かす時に、左手を動かす など)と、よりレベルアップになります!また、足踏みの時も手の動きを少し変える(例:足踏みに合わせて手を前に伸ばしてみる など)だけで、様々なバリエーションで体操を行うことができます!    
    
    
【ポイント】    
・指導する側は、見やすいように大きく動き、対面の場合は左右反転して見せるようにします    
・掛け声は数字だけでなく、「右手」「開く」「戻す」など言葉でもサポートすると分かりやすいです    
・間違えてしまっても脳への刺激となるので、「間違えても大丈夫!」と事前にアナウンスしましょう    
・リズムに合わせて動けるように、最初はゆっくりと練習する時間が大切です    
    


PREV NEXT
INDEX