TOP > 記事を見る > ストレッチ > 【健康運動指導士監修】介護現場ですぐ出来る!転倒予防の運動
  • ストレッチ

2019.06.15 / MWS日高デイトレセンター

【健康運動指導士監修】介護現場ですぐ出来る!転倒予防の運動

転倒予防の運動

1転倒予防運動  
• 膝伸ばし運動(大腿四頭筋)  
太ももの前側の筋肉は立ち座り動作や段差昇降の時に使う筋肉です。  
ADL維持には欠かせない運動です。  
point!膝に痛みがある場合は痛みが出ないところまで膝を伸ばしましょう。  
はじめは片足ずつ行い、慣れてきたら両足を同時に上げていきましょう。  
太ももを触ることで筋肉を意識する事が出来ます。  
注意点:膝を蹴り上げてしまわないよう、数字を数えながら行いましょう。  
  
  
• 椅子スクワット  
椅子を使うことで安全に簡単にスクワットを行うことが出来ます。  
立ち上がり動作・座る動作をゆっくり反復させることで自然と正しいスクワットフォームを習得できます。  
point1滑りにくい床で行うことが好ましい(今回は会場都合により畳で実施しています)  
point2座る動作はとにかくゆっくり!!  
注意点:立ち上がりが不安定になる場合は前に椅子を置くなど転倒予防の工夫が必要となります。  
  


NEXT
INDEX