TOP > 記事を見る > 認知トレーニング > 【健康運動指導士監修】手を使った脳トレ
  • 認知トレーニング

2019.02.14 / MWS日高デイトレセンター

【健康運動指導士監修】手を使った脳トレ

手を使った脳トレ

【基本の脳トレじゃんけん体操】      
この体操は右手の動きと左手の動きを同時に変える脳トレです。      
座位でも立位でも行えます。      
ウォーミングアップの運動に最適です。      
※片手で行う場合は、交互にグー・パー グー・チョキ パー・チョキを出してみましょう。      
      
椅子に座り(立位でも可)、肘が直角に曲がる程度に腕を持ち上げます。      
肩に痛みのある場合は腕を低く下げましょう。      
腕を上げる運動は日常動作では洗髪をイメージしたり、さらに高く腕を上げる動きでは洗濯を干す・取り込む作業や食器片づけのイメージを伝えます。      
体操の動きと生活動作を関連づけることが大切です。      
      
1グー・パー入れ替え      
Point!手を大きく開くように伝えましょう      
      
2グー・チョキ入れ替え      
上手くできないときはゆっくり始めて、少しずつテンポアップします      
      
3パー・チョキ入れ替え      
参加者の様子でゆっくり進めていきます      
      
脳トレは間違えず完全に行う事ではなく、間違えに気づくことや やり方(ルール)を理解することが脳トレになりますので、完成させることではなく楽しめる体操を提供できるようにしましょう。      
腕を高く上げることにより、肩周辺の筋力アップや、肩の関節可動域の拡張を図ることが出来ます。肩に痛みのある参加者が無理をしないよう、筋力や可動域に左右差がある方に十分に配慮し行いましょう。


PREV NEXT
INDEX