TOP > 記事を見る > 栄養管理とは > 【管理栄養士監修】動脈硬化・高血圧症の予防に ニンジンサラダ
  • 栄養管理とは

2019.09.09 / MWS日高デイトレセンター

【管理栄養士監修】動脈硬化・高血圧症の予防に ニンジンサラダ

動脈硬化・高血圧症の予防に ニンジンサラダ

動脈硬化・高血圧症の予防に ニンジンサラダ            
           
           
           
           
【材料 5人分】            
           
人参…2本            
           
砂糖…小さじ1            
           
酢…大さじ4            
           
塩…小さじ1/4            
           
胡椒…少々            
           
オリーブオイル…大さじ2            

           
              
【作り方】            
           
1.人参は千切りにする。(スライサー利用可)            
           
2.ボウルに人参、砂糖、酢、塩、胡椒を入れレンジ(600W)で2〜3分加熱する。            
           
3.人参がしんなりしたら、オリーブオイルを混ぜる。            
           
4.粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やしておく。            
           
5.器に盛り付け、あればパセリをふる。            
           
           
           
【栄養価 1人分】            
           
エネルギー:88kcal            
           
たんぱく質:0.6g            
           
脂質:6.1g            
           
炭水化物:7.5g            
           
塩分:0.4g            
           
カルシウム:17mg            
           
カリウム:178mg            
           
ビタミンA:449㎍

【ポイント】            
           
◆人参には、カリウムが多く含まれています。            
カリウムの摂取量を増加させるとナトリウムの体外への排出量が増え、高血圧症の予防につながります。            
           
◆人参は、緑黄色野菜の代表です。人参の赤い色素カロテンは体内でビタミンAに変わり、皮膚の細胞を強くし粘膜を丈夫にして病気への抵抗力をつけます。            
           
◆ビタミンAには、眼精疲労や口角炎を防ぐ働きがあると言われています。            
           
◆人参に含まれるカロテンは脂溶性で熱に強いので、今回はレンジで加熱後にオリーブオイルを加えています。            
           
           
◆人参に含まれる「アスコルビナーゼ」という酵素には、他の食材に含まれているビタミンCを破壊してしまう特徴があります。            
その働きを止めるには、お酢を加えたり、50℃以上の熱を加えることです。            
           
サラダにはお酢が入ったドレッシングを使ったり、人参を煮たり炒めたりする事でビタミンCを破壊しないで摂取することができます。            
           
◆今回使用しているお酢は、米酢です。            
調味料として最も多く使われている食酢で、蒸米を麹で糖化し、酵母でアルコール発酵させた後、酢酸菌で酢酸発酵してつくります。            
           
酢には強い殺菌力と防腐力があるので、食品を長期保存する時に使用したり、その他、食欲を増進させたり、HDLコレステロールを増やし動脈硬化や高血圧を改善する働きがあります。            
           
◆お酢には、米酢の他に玄米酢・粕酢・麦芽酢・ぶどう酢・バルサミコ酢・りんご酢などがあります。            
           
ニンジンサラダのお酢をお好みのお酢に変えてみるのも良いのではないでしょうか。色々なお酢でお試しください。            
           
           
           
◆オリーブオイルは、オリーブの果実を搾ってつくる果実油で、果肉を搾っただけで熱を加えていないものをバージンオリーブオイル、その中でも果汁としての香りが良好で油としての品質が高いものをエクストラバージンオイルと呼びます。            
           
精製したオリーブオイルにバージンオイルをブレンドしたものをピュアオリーブオイルと呼びます。            
           
バージンオリーブオイルは香りが高く消化も良いので、主にサラダのドレッシングや料理の香り付けなどに使われます。            
           
           
◆オリーブオイルに豊富に含まれているオレイン酸には血中コレステロールを減らす作用があります。            
オリーブオイルに含まれるオレイン酸が、腸を刺激して排便を促す効果があります。            
オレイン酸は小腸などで消化吸収されにくいという特徴があるためです。            
またオリーブオイルによって、便に適度な油分を含むので、便の滑りが良くなることで便秘の解消につながることも。            
           
ただし体質によってはオリーブオイルの摂取によって下痢を起こす場合もあります。            
           
           
           
◆デイサービスでの調理実習            
           
人参はスライサーなどを使い千切りにして頂き、耐熱ボウルを利用しレンジで加熱しています。            
スライサーを使うときは、横にスタッフが付き手を切らないように気を付けましょう。            
調味料を計量スプーンで計ったり、細かな作業は手指のリハビリに効果的です。            
また、注意力や判断力も必要となるので、高次脳機能障害のリハビリにも役立ちます。            


PREV NEXT
INDEX