TOP > 記事を見る > 栄養管理とは > 【管理栄養士監修】便秘予防 とろろ昆布と大根の和え物
  • 栄養管理とは

2019.10.24 / MWS日高デイトレセンター

【管理栄養士監修】便秘予防 とろろ昆布と大根の和え物

便秘予防 とろろ昆布と大根の和え物

便秘予防 とろろ昆布と大根の和え物            
            
            
            
            
【材料 2人分】            
            
大根…250g            
            
塩…小さじ1/3            
            
とろろ昆布…4g            
            
Aみりん…大さじ1            
Aしょうゆ…大さじ1/2            
Aごま油…少量            
            

【作り方】            
            
1.大根は薄いいちょう切りにし、塩をふって15分ほど置く。しんなりしたら汁気を絞る。            
            
2.みりんは耐熱容器に入れ、ラップをせずにレンジ(600W)で20秒加熱してアルコールをとばす。          
Aのそのほかの材料を加え混ぜる。            
            
3.1、とろろ昆布を合わせ、2を加えて和える。            
            
            
          
【栄養価 1人分】            
            
エネルギー…59kcal            
            
たんぱく質…1.1g            
            
脂質…1.1g            
            
炭水化物…10.5g            
            
食物繊維…2.3g            
            
塩分…1.7g  

【ポイント】            
            
◆大根は…胃腸のはたらきを助ける♪            
            
            
大根には、「ジアスターゼ」という酵素が含まれます。            
ジアスターゼは、でんぷんを分解して胃腸の消化を高めるはたらきがあります。            
また、辛み成分である「アリル化合物」も胃液の分泌を促して、胃を健康に保ちます。            
食物繊維も豊富で、腸内の老廃物を体外に出す役目を果たしてくれる、胃腸薬のような野菜です。            
            
            
これらの酵素やビタミンCは、皮の方に多いといわれます。            
熱に弱いので生で食べましょう。            
ちなみに、栄養をとるなら大根おろしが一番ですが、おろした直後に食べたほうが栄養素を有効に活用できます。そのほうが味もよいとのこと。            
            
            
            
            
◆食物繊維は…野菜と海藻でちがう?            
            
本品は野菜と海藻の両方がとれる嬉しい副菜。            
            
野菜や海藻、未精製の穀類、豆、きのこ、果物などには、「食物繊維」が含まれます。食物繊維は近年さまざまな生理作用・機能が明らかにされ、注目されている栄養素。            
            
食物繊維は水に溶けない「不溶性食物繊維」と、水に溶ける「水溶性食物繊維」とに大別できます。はたらきが異なるため、両方をバランスよくとるのが理想的です。            
            
            
不溶性食物繊維は、腸内で水分を吸収して膨張し腸壁を刺激します。            
便の量を増加させ、便の排泄を促進。腸内環境の改善に役立ちます。            
また、食べすぎを防止したり、あごの強化、虫歯の予防などにもはたらきます。            
野菜、穀類、豆類、ふすま、ココア、きのこ、未熟な果物、エビやカニの殻に豊富です。            
            
            
水溶性食物繊維は、腸内で水に溶けてヌルヌルした粘性をもちます。            
血糖値の上昇を穏やかにしたり、コレステロールの吸収を妨げる作用があるので、糖尿病や脂質異常症の予防・改善に役立ちます。            
りんごやかんきつ類の皮、こんぶ、わかめ、こんにゃく、寒天などに豊富です。            
            
            
            
◆昆布のヌルヌルが、生活習慣病を予防!            
          
とろろ昆布は、昆布の表面を糸状に削り出したものです。幅広に薄く削ったものは、おぼろ昆布といいます。            
            
昆布やわかめなどの海藻には、独特のヌルヌルした成分「フコダイン」が含まれます。            
フコダインは水溶性食物繊維の一種。          
腸内では余分なコレステロールや有害な物質をからめとって排泄したり、免疫を高めるはたらきがあります。          
生活習慣病予防やアレルギーの改善、抗がん・抗菌作用も期待されています。            
            
            
            
◆みりんは、実は「お酒」です            
          
もち米と米麹、アルコールを熟成させて造る伝統的なみりんは、実はお酒の一種。            
やさしい甘みが特徴で、消臭、風味付け、照り出し、煮崩れ防止などさまざまな調理効果に優れます。            
甘い調味料でも砂糖とはまた違い、控えめに、でもきっちりと料理の味わいを深めてくれます。            
            
            
『酒』の一種であるのは「本みりん」。一方、見た目は似ていますが、「みりん風調味料」は原料も製法も全く異なる『甘味料』です。            
            
みりん風調味料は、ブドウ糖や水あめに、うまみ調味料、香料を加えたもの。          
酒類の規定から外れるため、酒税がないぶん本みりんに比べて低価格です。            
            
上述したさまざまな調理効果を得るには、本みりんを使いましょう。            
うまみやコクも、本みりんに比べてみりん風調味料は劣ります。炭水化物量も、本みりんの方が少ないです。            
ただ、みりん風調味料はアルコール度が少ない分、「煮切る」必要はありません。            
            
みりんを上手に使うと、料理はずっと美味しく・美しくなります。          
商品の表示を見て、「本みりん」なのか「みりん風調味料」なのか、よく確認してみましょう。


NEXT
INDEX