TOP > 記事を見る > 栄養管理とは > 【管理栄養士監修】低栄養予防 梅おろしのやっこ丼
  • 栄養管理とは

2018.02.13 / MWS日高 デイトレセンター

【管理栄養士監修】低栄養予防 梅おろしのやっこ丼

梅おろしのやっこ丼

低栄養予防 梅おろしのやっこ丼     
     
     
     
【材料 2人分】     
     
絹ごし豆腐…200g     
     
シラス干し…大さじ4     
     
青じそ…4枚     
     
大根…150g     
     
ミョウガ…2個     
     
梅干し…1個     
     
しょうゆ…大さじ1     
     
ごはん…300g

【作り方】     
     
1.豆腐はキッチンペーパーで包んで水けをきる。     
     
2.シラスはざるに入れて熱湯をまわしかけ、水けをきる。青じそは手でちぎる。ミョウガは縦半分に切ってから、斜めに薄く切る。     
3つを混ぜ合わせる。     
     
3.大根はすりおろして汁気をしっかりと絞る。     
     
4.梅干しは種を除いて刻み、しょうゆと混ぜ合わせる。     
     
5.どんぶりにごはんを盛り、1を手で粗くくずしながらのせる。その上に、2、3をのせる。4を回しかける。     
     
     
     
【栄養価 1人分】     
     
エネルギー…352kcal     
     
たんぱく質…3.8g     
     
脂質…0.5g     
     
炭水化物…55.7g     
     
食物繊維…2.3g     
     
塩分…3.1g

【ポイント】     
     
◆高齢者は夏の低栄養に注意!     
     
体力の弱りがちな高齢者のかたにとって、夏は食事量の不足がより一層深刻化します。     
栄養が不十分だと夏バテになりやすく、それをきっかけにフレイルやサルコペニアに陥ってしまうこともあります。     
     
毎食「ごはんと漬物だけ」「ごはんと味噌汁だけ」というような簡単な食事になっていませんか?     
あるいは、歩く速度が遅くなった、重いものが持てなくなった、瓶のふたが開けられない…そのようなことはありませんか?     
思い当たる兆候があれば、低栄養の可能性あり。こまめな体重測定をして、夏の低栄養に注意しましょう。     
     
     
◆サラッと食べられる、さっぱり丼     
     
本品は、冷たい豆腐とシラスのうま味に、青じそやミョウガの爽やかさ・辛味が合わさっています。夏だからこそおいしいどんぶり♪     
胃腸が疲れた時でもサラッと食べられます。     
火も使わないので、暑くて調理をする体力がない時もおすすめです。     
     
     
◆夏におすすめの低栄養予防食材     
     
低栄養の予防のためには、エネルギーやたんぱく質はもちろん、ビタミンやミネラルも必要です。バランスよく、多様な食品をとることがポイント。     
     
とはいえ、暑い時は調理をするにも体力を使ってしまうため、つるっと食べられる食材や、調理が簡単なものがおすすめです。     
特に缶詰は、長期保存できるので、買い物に行けない時にも便利。買うときは缶が開けやすいかどうかも確認しておくとよいでしょう。     
     
・納豆 ・冷しゃぶ ・豆腐 ・カツオ節 ・卵 ・めかぶ     
・もずく ・オクラ ・山芋 ・梅干し ・魚の缶詰 ・乳、乳製品など      
上記の食材をいろいろ取り合わせて、ごはんにのせるだけで手軽にパワーアップできます。     
おかずを作る元気がない時は、ぜひやってみて下さい。     
具沢山の汁物や果物などを組み合わせれば、より献立のバランスが整います。     
     
パワーアップごはん 例1:ごはん+納豆、温泉卵、カツオ節、刻みのり     
パワーアップごはん 例2:ごはん+味付きめかぶ、納豆、長芋とろろ

◆しそは栄養価が高い!     
     
β‐カロテンは野菜の中でトップクラスの含有量を誇り、かぜやがん予防の効果が期待できます。     
また、特有の香りはしそ油という精油成分から生まれます。     
精油成分の一つであるペリルアルデヒドには強い防腐作用があり、食中毒を防ぐ働きがあります。     
     
旬は赤じそが6〜8月、青じそが7〜10月。     
夏場は色々な料理に取り入れてみましょう。     
香りが強く、先端までピンとしているものが新鮮です。葉は色鮮やかで変色していないものを選びましょう。     
     
     
◆ミョウガを食べれば食欲増進♪     
     
ミョウガにも独特の香りがあります。     
香りのもととなる精油成分のα‐ピネンは、ストレスを緩和し、眠気を覚ます効果があります。     
     
また、血液の循環をよくして発汗を促したり、爽やかな香りが食欲を増して消化を促進する働きもあります。     
暑い夏に積極的に摂り入れましょう。


PREV NEXT
INDEX