TOP > 記事を見る > 筋トレ > 【介護予防運動指導員監修 動画】椅子に座って行うカンタン体幹体操
  • 筋トレ

2018.06.08 / MWS日高 デイトレセンター

【介護予防運動指導員監修 動画】椅子に座って行うカンタン体幹体操

椅子に座って行うカンタン体幹体操

デイサービスで今日からできる!     
〜椅子に座って行うカンタン体幹体操〜     
     
     
今回は椅子に座ったまま行う体幹の体操をご紹介します。     
椅子に座って行いますのでどなたでも安全に体操に参加することができます。     
     
体幹の筋力は姿勢の維持やバランス力の向上に効果的です。     
腰痛や脊椎の疾患のある参加者は無理せず、身体状況に応じてできる範囲で体操に参加するよう声掛けが必要です。

alt here...

1背中の運動     
     
椅子に少し浅く腰を掛けます。(両足の裏が床に付く程度)     
両手(片手)を前方へ伸ばします。     
Point!ご自分の手の親指を見ます。     
息を吐きながら上半身を前傾にします。(背中が丸まらないように!!)     
息を吸いながら元の姿勢に戻ります。

alt here...

2体側の運動     
     
息を吸いながら片手の肘を身体の後ろへ引いてきます。     
少し反動を付けながら反対方向へ腕を伸ばします。この時に息を吐きます。     
何度か動きを確認したら     
1.2.で引いて、3のタイミングで勢いよく伸ばす。     
Point肩に痛みがある場合は手の位置を低くしましょう     
※反対側も同じように行います。

alt here...

3腹筋の運動     
     
右肘と左膝を身体の前で合わせます。     
息を吐きながら肘と膝を近づけましょう。     
※低体力の方や、動きが難しい方は無理に肘と膝を付けようせず、まずは近づけるよう声掛けをしましょう。     
Point!上半身が動くと運動強度はやや優しくなります。足を高く持ち上げると運動強度はややきつくなります。     
※反対側の肘と膝を付ける動きも同じ回数行いましょう。     

注意点     
     
体幹の体操はバリエーションがなく同じ動きの繰り返しになることが多くあります。     
数の数え方を工夫することで同じ動きに変化を付けることができます。     
はじめは1.2.3.4(動く)5.6.7.8(初めの姿勢に戻る)動きに慣れてきたら、数え方を短く変えて、1.2(動く)3.4.(初めの姿勢に戻る)と言うように、数え方を変化させることで運動の強弱をつけることができます。     
     
また、体幹の運動は日常生活をイメージしにくいといわれることが多いです。「姿勢改善・姿勢維持」「バランス力の向上」と言う言葉を積極的に使い生活動作に繋げて話すと参加者に伝わりやすくなります。     


PREV NEXT
INDEX